sessionfx sessionfx – しろふくろうのFXデイトレード

sessionfx

しろふくろうのセッションFXトレード

FXのデイトレードを体系的にまとめたセッションFXトレード

これから具体的にご紹介する取引手法「セッションFXトレード」は5セッション(1日を5つにわけてそれぞれでのセッション内でトレードを完結する)での時間の視点と、プライアクション(チャートの値動き)を組み合わせたデイトレード手法です。

・なんとなく職人肌で語られることの多いトレード。

・FXは危険だというリスクばかりを強調した風潮。

・初心者をわざと近寄らせないようにするかのごとく、難しい言葉を並べる解説のプロ(本来優秀な解説者ほどわかりやすい表現をつかうものですが、この世界は例外)。

・経済指標がよかったのに、なぜかその通貨が売られるという逆説的な現象。

・米国が利上げして金利差が拡大したのに、なぜか売られるドル円。

トレードを難しく感じるのは、これまで常識人として育った経験や原則がなかなか通じにくく感じるからだと思います。

もう一度「価格が動く理由」を思いだしてみてください。

トレードには上昇、下落、横ばいの3つの現象しかありません。

今現在の価格から上がるか?下がるか?とシンプルに考えればおそらく1/2よりも高い確率で当てる事ができると思います。

それなのに、メルマガやブログなどの情報を見てしまったために

「もとプロディーラーの予想だから正しいはず」

「有料の投資情報だから勝てるはず」

などと、潜在的にその考えがエントリーの判断に影響し、正しくトレード出来なかったりしたことがありませんか?

誤解しないようにしてほしいのですが、決してそれらの情報(インプット)が間違っているということを伝えたいのではありません。

インターネットが発達して、さまざまな情報を瞬時にほぼ無料で手に入れることができるようになり、私たちの周りは挙げ出したらきりがないほど情報であふれています。

これはFXだけなく、毎日通知されるショッピングサイトのメール、Webサイトを見ていたら何故か気になるクルマの情報が流れたりと、今は心を平静に保つのが難しい世の中です。

そして一般的に「情報があれば(多ければ)勝てる」というふうに考えがちですが、短期トレードでは(時間軸が短くなればなるほど)ファンダメンタルズとよばれるマクロ経済学的な視点は不要になります。

また、インプット(情報)が多すぎるとAとBとCでそれぞれ違う方向を示していた時に判断に迷ってしまいます。

最近私が一番大切にしているのが意志力(ウイルパワー)を消耗しないということで、これはトレードで勝つためにひょっとしたら一番大切なことなかな?と思っています。

 この判断に迷ってエネルギーを消耗してしまう「判断疲れ」が意志力(ウイルパワー)を消耗し、トレードにとって想像以上に悪い影響(例えばオーバートレードなど)を及ぼしてしまいます。 

※意志力に興味のある人はWILLPOWER 意志力の科学ir?t=462960 22&l=am2&o=9&a=4772695354 - sessionfxを読んでみてください。



デイトレードを系統立てる。

さて話をもとにもどしましょう。

すでにトレードをした経験がある方なら思い出してください。

始めたばかりのころは、売る、買う、そして指値注文などの基本的な事柄だけは知っていたけど、ファンダメンタルズやテクニカルの知識はほとんどありませんでした。

でもチャートを見て、なんとなく上がりそうだな、下がりそうだなと感じたままにエントリーをしただけで勝てた経験があると思います。

それも1回とか2回ではなくて、ある程度の回数勝って資金を増やしたことが(私もそうですが、だからこそ今もこうしてトレードを続けているのですよね)。

これは情報が限定されていたので、思考や判断を歪められずにチャートの動きに集中していたからだと思います。

でもそのうち、もっと勉強すれば、情報をいっぱい知ればもっと勝てると考えるようになります。(これは私たちのこれまでの成功体験による普通の考え方です)

しかしながら情報の多さと勝率、もっと言えば資金の増加は比例しないという壁にぶちあたり、ジレンマに陥ってしまいます。

どうすればこの負の連鎖から抜け出すことができるのか?

おそらく、なんとなく答えはわかっていると思いますが、あのころ(初心者で勝てた時)勝てたように、もっとシンプルにチャートを見て、値動きに集中すれば良いのです。

でも、それを思い出すにはどうすればよいか?そこが問題ですよね。

そのころは無心だった代わりに、系統建ててトレードをしていたわけではありません。

もっと言えば、文章にして伝えることが出来ないでしょう。

トレードを長く続けていくためには自分で魚を釣る方法を身につける。

中国の諺に

「人に魚を与えれば一日生かすことができるが、人に魚釣りを教えれば一生養うことができる。」

というのがあります。

トレードの場合「誰かの情報にたよって勝てたとしても、いつまでたっても釣りの技術は身につきません。」

じっさい私自身10年以上トレードをしてきて、ずいぶん遠回りをしてきました。

30台のころは大きく儲けてやろうという意気込みも強かったのですが、50才を過ぎた今では相場の難しさを知った反面、我々個人投資家がFXという大きな海で魚を釣り上げる最適な方法を残せないかと思うようになりました。

特に、FXをこれから始める人が遠回りをしたり、脱落しないように、そしてトレードにつてい難しく考えてしまっている方にむけて何か体型的にまとえめたものを作れないかと考えました。

そんな思いで「セッションFXトレード」という名前で、おそらくトレードで一番大切で知りたかった値動きの秘密を具体的に文章にまとめてみました。

つまり 短期トレードで生計を立てるための釣り方がセッションFXトレード です。

たいそうに書きましたが、セッションFXトレードは時間のルールといかに高値と安値をシンプルに判断するかだけです。

これまで普通の常識で生きてきて、相場の常識に違和感を持っている人ほど受け入れてもらいやすいとおもいます。

しろふくろうの秘伝書のひとつデイトレードir?t=462960 22&l=am2&o=9&a=4822242978 - sessionfxでの著者で、米国で最も読まれているニュースレターを配信しているオリバー・ペレスは次のように言っています。

我々トレーダーという職種の人間にとって重要なのは、今現在である。我々は過去にいきるわけではないし、現実から逃避して遠い未来に生きるわけでもない。

セッションFXトレードで毎日を給料日にしましょう

最初のレッスンは、セッションFXの時間概念「5つのセッション」です。