setup setup – しろふくろうのFXデイトレード

setup

セッションFXトレードのトレード環境を準備する

「セッショントレードの理論」をじっくり読んで頂いたら、いよいよこのブログで解説しているトレード環境を作っていきます。

最初にこのブログのコンセプトでもお話しましたが、「これからFXを始めて行う人が少額の資金で毎日2万円を稼ぐ」ことを想定しています。

もちろんプライスアクションのルールや、5つのセッションの考え方は普遍ですので、FXの経験が十分ある方でも使えると思います。

しかしながら、できるだけ具体的に進めていくために「これからFXを始めて行う人が少額の資金で毎日2万円を稼ぐ」を達成するために組み立てていきたいと思います。

 

さて料理と同じで、調理に入る前に材料を準備しなければいけません。

セッションFXトレードで「これからFXを始めて行う人が少額の資金で毎日2万円を稼ぐ」ために必要なものは

・100倍以上のハイレバレッジが使える海外FX口座
・メタトレーダー4(MT4)
・セッションFXトレードインディケーター

です。

もちろん前提として、MT4をインストールするためのPC(特にスペックが高い必要はありませんが、Windows XP以前のものはMicrosoftのサポートが終わっているためおすすめしません)、そしてブロードパンドのインターネット回線は必要です。

100倍以上のハイレバレッジが使える海外FX口座を準備する

FXは通貨という流動性が非常に高い特性と、24時間取引出来るのが特徴ですが、やはりいちばんの魅力はレバレッジを使った資金効率のおかがで、少額で投資をスタートできることだと思います。

しかしながら2011年のレバレッジ規制以降、少額でスタートできるというのには?がつくようになりました。

唯一のたのみだった法人口座も2017年2月から規制が強化され個人口座と大差ないくらいになってしまいました。

現在FXで高いレバレッジをかけるには、海外口座で取引するしかありません。

つまり「これからFXを始めて行う人が少額の資金で毎日2万円を稼ぐ」ために、まずは高いレバレッジが使える海外のFX会社の口座を準備します。

 

MT4を準備する

私がMT4を始めて使った2003年頃は日本語のMT4の情報は全くありませんでした。

しかしながら今では普通にネットで検索すれば操作方法なども簡単に見つけれますし、また動画で丁寧に解説してくれたりしてます。

勝ってる投資家はほとんどMT4のチャートを使っています。

「FXを始めたばかりなのに、MT4なんてなんだか難しそうなんですが」という反応もありそうですが、トレードソフトなんて慣れてしまえばおしまいです。

1日4時間くらいのトレードを2〜3週間ほどもすれば、作業は潜在意識レベルで行うことが出来るようになります。

クルマの運転を行う時に、エンジンをかけて、サイドブレーキを外して、ギアをドライブに入れて。。。なんて考えながらしませんよね、これが潜在意識レベルの行動です。

もちろん初心者の間はクルマに乗る度ドキドキしながら一つ一つの動作を意識していたと思いますが、いつの間にか自然とできるようになっていきます。

MT4の操作も同じで、時間が解決してくれます(しかも毎日やるので直ぐです)。

それよりもプライスアクションを潜在意識レベルまで落とし込めるかどうかが、本当に大切なのです。

そもそもこれからトレードするチャートはMT4がなければ出来ませんので、MT4を使うということに悩んでも仕方がありません。

そんなわけで、MT4の使い方を解説していきますが、すでに知ってるよ〜という方はもちろんスキップしてもらって大丈夫です。

 

MT4にセッションFXトレードのインディケーターをインストールする

MT4の準備ができたら、セッションFXトレードで使うチャートを作っていきます。

具体的には、フラクタル3のインディケーターをダウンロードし、15分チャートと1時間チャートでトレードチャートを作ります。

そして、そのチャートをPCのモニター上にどのように表示するかまでを解説していきます。

つまり、私が使っているチャートの状態と同じ環境を作っていきます。

 

そしてトレード環境の準備が整ったら、次に実戦編として、トレード時間の考え方や通貨ペアの選定、リスク管理、エントリー、手仕舞いについてさらに詳しくお話していきます。

 

それではまずはセッションFXトレードの準備を行いましょう。